logo300.gif

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


左の「A」をクリックすると文字表示の拡大縮小ができます

診療動物

 犬、猫、うさぎ、フェレット、ハムスター、鳥の診察を行っています。

診察時間


 日
午前 9:30〜12:00
予約



午後 4:00〜  7:00
予約



予約

☆年中無休の診察(12/31〜1/3は除く)
☆待ち時間の少ない予約診察日の設定:水曜日、日曜午後、祝日
☆予約診察日は待ち時間か少ないため、継続治療、定期的検査や病院では神経質なるワンちゃん,ネコちゃんの診察ご希望の際などにもご利用ください。(診察予約は前日あるいは当日の17:30まで受けつけます。)

獣医師勤務表

sac_blog.jpg.
『獣医師勤務表』は、ブログで更新しています。
※別ページ(当院のブログ)が開きます。

一般診療

 内科・外科・皮膚科・歯科・耳鼻科・腫瘍科・眼科などが主な診察科目です。
問診から視診、触診,聴診、体重測定、検温などの基本身体検査からの情報と必要に応じて行う便検査、血液検査、レントゲン検査、超音波検査などから得られた結果をもとに正確な診断、治療を進めます。

予防診療

狂犬病予防接種・・・・・生後3ヶ月以上の健康なわんちゃんが対象です。毎年4〜6月の予防週間に集合注射が行われますが、病院では随時接種できます。

混合ワクチン接種・・・・・犬は生後1年未満では2〜3回の接種が必要ですが、成犬は毎年1回の接種です。 ジステンパーウィルス、犬伝染性肝炎ウィルス、パルボウィルス、 アデノウィルス、コロナウィルス、パラインフルエンザウィルス、レプトスピラ症などの感染症に対する予防ワクチンです。7種あるいは8種混合ワクチンとして接種します。
ネコのワクチンはウイルス性鼻気管炎、カリシウィルス感染症、汎白血球減少症、猫白血病ウィルス、クラミジア感染症のワクチンで、3、4あるいは5種混合として、犬と同様に生後1年未満は2回の接種、成猫には毎年1回の追加接種が必要です。

フィラリア症予防・・・・・蚊が媒介する疾病、重症になると心肺機能に異常をきたし、突然死することがある。毎年5〜12月が予防週間。月1回の飲み薬、年1または2回の注射で予防可能です。フィラリア症は犬に感染する疾患と思われがちですが、近年、ネコにも感染することが報告されています。

LinkIconネコのフィラリアの詳細

ノミ、ダニの寄生予防・・・・・ノミ、ダニによるアレルギー皮膚炎の予防に1〜2ヶ月に1回駆虫します。 

歯科検診、歯石除去・・・・・幼犬、幼猫の時期から歯磨きの習慣をつけて、歯科疾患の予防に努めます。また、定期的に歯の検診を受けることにより、乳歯残存、歯石の付着、歯周病、歯槽膿漏、齲歯、破折、摩耗による露髄などの異常を早期に発見して歯の損失を防ぎます。

LinkIcon歯磨き指導について

避妊、去勢手術・・・・・生後6、7ヶ月から1年までに手術をうけることにより、本来の不妊させること以外に種々の疾患の発生を低下あるいは消失させることができます。→手術について

LinkIcon手術について

循環器疾患診療

当院では循環器疾患の診断治療に力を入れています。中高齢のワンちゃんでは進行すると呼吸困難、運動不耐性や心臓発作に陥り、高齢期の動物の生活の質を著しく低下させる心臓病が多く見られます。また、先天的に心臓病に罹りやすく、比較的若い時期に心臓病を発生するキャバリアなどの犬種もあります。心電図・レントゲン・超音波診断装置を駆使することで、これらの心臓病を早期発見し治療をおこなうことができます。

LinkIcon犬の心臓疾患について
LinkIcon猫の心臓疾患について

定期的健康診断(ペットドック)

身体検査、検便検尿、血液検査、レントゲン検査(腹部、胸部)心電図検査、超音波検査などを、必要に応じて基本コースと精査コースを選択することかできます。また、個々の疾患に必要な検査内容を選択して、定期的に検査することも可能です。ご相談してください。

LinkIconペットドックの詳細について

c001.jpg超音波検査によって心不全等の症状を早期発見出来ます。

2a.jpg

2b.jpg

ページの先頭へ